手相で恋愛運を占おうとしている人たちに見てもらいたい注意点

恋愛運を占う方法は多々あるとは言え、今も手相を使った占いは主流で高い信頼性を誇ります。手相では様々な事が分かりますが、今回は手相で恋愛運を占う方法をご紹介します。

水晶玉を触る占い師

生命線と感情線をよく見てみよう

もし生命線を沿うような感じで内側に線があるなら、その線が長ければ長いほど恋愛が長続きする可能性が高いです。やはり恋愛は長く続くに越した事はないので、生命線の内側にある影響線をまず確認しましょう。

また、小指の下から人差し指と中指に向かって伸びている線を感情線と言い、この感情線と愛情線というのがなかなか肝になります。

感情線から生命線へ向かっている線を恋愛線と呼び、これは一定の愛情を超えると出てくると言われています。もし恋愛線が無いなら気持ちがあまり高くなく、逆に恋愛線があるなら自分の気持ちは相当愛に向かって突き進んでいると判断出来ます。

感情線で愛情を見極める

感情線の先端が人差し指に到達しているなら、その人はとても愛情深いと考えられます。ただし愛情が深すぎて恋愛にのめり込む可能性が無くはないので、感情線が長すぎるなら注意が必要です。

良い感情線はとにかく人差し指と中指まで到達している事で、もし到達しているなら愛情と優しさを両立していると言えます。

感情線、愛情線、生命線がカギになる

恋愛を手相で占う場合、感情線と愛情線、そして生命線の3つを見るのが重要になります。これから恋愛のために手相を勉強しようと思った場合は、まずこの3つの線をしっかり覚えて下さい。

自分は愛情のある人なのか、そして今の恋に盛り上がっているのか、そう言った事が分かるようになるはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ